サプリメント&健康食品 サプリ館  








  

サプリメントで予防


サプリメントでメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)予防
生活習慣病のもととなるメタボリック症候群(メタボリックシンドローム)の内臓脂肪を燃やすサプリメント内臓脂肪など、体内に蓄積された脂肪は、そのまま燃焼しません。なので、まずは「遊離脂肪酸」という形に分解する必要があります。「カフェイン」によって分解された脂肪は、筋肉細胞のミトコンドリアに入り、脂肪を燃焼させます。そのミトコンドリアに入るために活躍するのがLカルニチンで、このプロセスをサポートするのがコエンザイムQ10です。つまり、Lカルニチン+コエンザイムQ10の入ったサプリメントを摂取すると効果的です。いざ、ダイエットサプリメントでメタボ予防をしましょう!

サプリメントで高脂血症予防
生活習慣病の高脂血症予防対策には、食生活の見直しと適度な運動をするとともに、サプリメントを活用することも一つの洗濯肢だと思います。高脂血症予防対策には、コレステロール値を下げるニンニクやローヤルゼリー、抗酸化作用のあるトコトリエノール、冬虫夏草のほか、コレステロールの合成を抑え、中性脂肪を低下させる紅麹などがオススメです。中性脂肪を抑制するDHAやEPA、血栓を溶かすナットウキナーゼは血液の流れをスムーズにします。エストロゲンに作用する大豆イソフラボンは、コレステロール値を下げ、女性ホルモンのバランスを整えてくれて、更年期や閉経後の女性に最適です。

サプリメントで高血圧予防
生活習慣病の高血圧予防対策は、生活習慣を見直すことからはじめ、禁煙、食事の改善、適切な運動が大切です。生活習慣病予防のサプリメントの中では、血管の内皮細胞の働きを維持し、血圧を下げる働きのあるオリーブリーフや悪玉コレステロールのLDLの酸化を予防するコエンザイムQ10はオススメです。血液をサラサラにする黒酢、脂質の生成を抑え、LDLの定価を促すニンニクやキチン・キトサン、霊芝、セサミンも有効です。

サプリメントで糖尿病予防
生活習慣病の糖尿病予防対策は食生活で、脂肪の多い肉類中心の食生活を避け、炭水化物の摂りすぎにも注意です。キノコ類や野菜、海藻などに多く含まれる食物繊維は血糖値の上昇を抑制します。生活習慣病予防のサプリメントは、食後の高血糖を改善するギムネマやマイタケ、桑の葉、にがうり、白インゲン豆抽出物などが有効です。また、アガリクス、オリーブリーフ、食物繊維、霊芝も血糖値の上昇を抑えます。生活習慣病の糖尿病予防の血糖値のほか中性脂肪値を低下させるアロエ、悪玉コレステロールの酸化を予防するコエンザイムQ10、エネルギー代謝を活発にするカルニチンもオススメです。糖尿病性神経障害がある場合はガンマ・リノレン酸が効果的です。

サプリメントで肝臓機能障害の予防
生活習慣病の肝臓は少々具合が悪くなってもなかなか自覚症状が現れないため、「沈黙の臓器」といわれています。症状が出るようになったらかなりの重症といえます。まずは、高タンパク、低脂肪、低糖類の食事をとり、過度の飲酒は控えましょう。肝臓を守る代表的なサプリメントは、ウコン、マリアアザミです。それ以外では、アミノ酸、肝油エキス、プロポリス、レシチン、卵黄コリン、田七人参などです。特にアルコールを飲むときはウコン、脂肪肝には卵黄コリンがオススメです。

サプリメントで動脈硬化予防
生活習慣病の動脈硬化を予防するためには、動物性脂肪の多い食品や甘いものを控える必要があります。また、運動不足にならないようにし、喫煙を控えるようにします。生活習慣病のサプリメントでは、中性脂肪を抑制するDHAやEPA、卵黄コリンが効果的です。さらに、セサミンはストレスを和らげる効果があり、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ赤ワインエキス、血栓を溶かす作用があるナットウキナーゼなどもオススメです。また、紅麹にも血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。

サプリメントで脳梗塞予防
生活習慣病の脳梗塞の予防には中性脂肪の増加につながる炭水化物や脂肪の摂りすぎに注意が必要です。悪玉コレステロールを除去する作用のあるキノコ類や血栓を予防する働きがあるEPAやDHAを多く含む青魚を積極的に食べましょう。生活習慣病のサプリメントでは、血栓溶解酵素としての働きを持つ、ナットウキナーゼが効果的です。また、過剰なカルシウムも血管を詰まらせる恐れがあるので、カルシウム吸収を抑えるマグネシウムもとりましょう。血液をサラサラにして、血栓の形成を防ぐEPAやDHAをサプリメントから採るのも効果的です。

サプリメントで心臓病予防
生活習慣病の心臓病の予防には、悪玉コレステロールを増やさないように食生活を改善することが重要です生活習慣病予防には動物性脂肪の摂取量を抑え、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす青魚を積極的に食べましょう。コレステロールが酸化すると、血管壁に付着し生活習慣病の原因になります。これを避けるために、抗酸化作用のあるビタミンA、、ビタミンC、ビタミンEなどを補給します。悪玉コレステロールの酸化を防ぐ赤ワインエキス、リコピン、体内で一部の成分がEPAに変換されるシソの実油、カルシウムが血管壁に付着するのを抑えるマグネシウムなどがオススメです。脂肪などの酸化を防ぐコエンザイムQ10、血液の流れをよくするEPAやDHA心臓付近の血管を拡張させる作用がある田七人参なども効果的です。



check

八王子のリフォーム業者比較

Last update:2017/8/17