サプリメント&健康食品 サプリ館
  

サプリメントの飲み方

皆さん、以外と知らないと言う意見が多いのでここで紹介したいと思います。
サプリメントは、空腹時に飲むと強い胃酸の影響を受けてしまうので、空腹時に飲むよう指導されたサプリメントを除き、食事中や食後に飲むようにしましょう。また、サプリメントにも飲み合わせが悪いものがあります。ホルモン系のサプリメントは、医療機関でホルモン量を調べて医師の指導の下に補うべきです。
一緒に飲んではいけないサプリメント
セントジョーンズワートとバレリアン
朝鮮人参とイチョウの葉(ギンコビローバ)

◆飲み過ぎるとよくないサプリメント
脂溶性ビタミン・・・ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

医師の指導のもとに飲むべきサプリメント
ホルモン系サプリメント・・・DHEA、プレグネノロン、メラトニン

飲み方のアドバイス!!「いつ飲むのが最適??」
多くの場合、サプリメントを飲むのに適しているのは、食事の直後、胃に食べ物が入っている時です。食事の際には消化器官が活発に活動するので、栄養素の球種が効率よく行われます。但し、
①大量のカルシウムを含むもの(胃液の酸を中和してしまい消化を妨げるので、食後は避ける)
②アミノ酸(運動直後や、空腹時に飲む方が良い)
③デトックス用のサプリメント(空腹時に飲む方が良い)など、食後以外のタイミングで飲む方が飲まない方が良いサプリメントもありますので、きちんとメーカーに確認することをお勧めします。 また、サプリメントは、水やぬるま湯で飲むのが基本です。また、果汁で飲むのも、果実に含まれるいろいろな成分が、ビタミンやミネラルの効果をアップしてくれるので、お勧めです。お茶やコーヒーは、ミネラルの吸収を妨げることがあるので、避けてください。
お茶と一緒に飲んでも大丈夫?
多くの場合、医薬品を飲むと、その影響で体内のビタミンやミネラルを消耗することになります。(特に、抗生物質、利尿剤、高脂血症用薬、抗炎症薬、抗うつ剤など)そのため、基本的には、医薬品を飲む際には、通常より多めにビタミンやミネラルを摂取するのがお勧めです。但し、中にはビタミンやミネラルと一緒に摂取しない方が良い医薬品もありますので、注意が必要です。これらについては、お医者様や薬剤師さんに相談するのが確実です。例えば、血液抗凝固剤を摂取している時に、ビタミンEを摂取すると出血しやすくなり、逆にビタミンKを摂取すると、薬の効果を阻害してしまうことになりますので、これらの栄養素の摂取を避ける方が良いでしょう。また、サプリメントではありませんが、グレープフルーツは多くの医薬品の効果に影響を与えますので、お薬を飲んでいる時には避けた方が良いでしょう 。

サプリメントで風邪は予防できる?
各種のビタミンには風邪に有効なものもあります。中でも、ビタミンCが一番有名です。ビタミンCは、体の免疫力を強化します。ウイルスを迎え撃つ免疫活動の主力である白血球の働きを強化し、ビタミンC自体もウイルスに攻撃をしかけます。守りと攻めの両方を強力にバックアップするので、風邪をひきにくくなり、また、回復も早まります。ビタミンCの大量摂取で、各種症状が緩和されたという報告もあります。(ノーベル賞学者ポーリング博士の研究が有名です。)

妊娠中はビタミンAを、喫煙者はビタミンB-カロテンを避ける!
妊娠初期にビタミンAを摂り過ぎると、赤ちゃんに奇形が起こる可能性があるので、妊娠中の摂取には十分気をつけたいものです。また喫煙者は、b-カロテン摂取によって肺がんリスクが高まる可能性があります。

たくさん飲めばいいってもんではありません!
栄養が摂れるからと、むやみやたらに飲むと逆効果!過剰摂取せず、ラベルに書かれた用法をきちんと守りましょう。特にビタミンAやビタミンDは、重大な健康障害があらわれることもあります。

pickup

永代供養 東京 人気

2017/8/17 更新